メールフォームからのお問い合わせ 24時間受付中
原則として、翌営業日までに返信いたします。お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。
  • 電話

アンティーク家具の種類にはどんなものがある?

2023.12.23 (更新 : 2024.02.12)

アンティーク家具 種類

「アンティーク家具」多くの人が一度は耳にしたことがあるものだと思います。しかし、「何をもってアンティーク家具というか」については、あまり知られていません。 こちらの記事ではアンティーク家具とはどんなものかというところから、メリット・デメリット、お手入れ方法までご説明していきます。

アンティーク家具とは

 

アンティーク家具は、通常、古い時代の家具であり、その価値が歴史的な背景や製造時期、デザイン、材料などに基づいています。一般的に、アンティークとされる家具は、20世紀初頭以前に製造されたものです。ただし、厳密な定義はなく、地域や文化によって異なることがあります。

アンティーク家具は、手作りであり、伝統的な技術や職人の技能が反映されていることが一般的です。時代や様式によって異なるデザインがあり、特定の歴史的な期間や美術様式に特徴的なものもあります。代表的なアンティーク家具の材料には、オーク、マホガニー、チーク、ウォールナットなどがあります。

アンティーク家具は、その歴史的な価値や芸術的な価値からコレクターや愛好者によって高く評価されています。これらの家具は、時折オークションや専門のアンティークショップで入手することができますが、価格はアイテムの状態、希少性、歴史的な価値によって大きく異なります。

アンティークの意味

「アンティーク」は、英語の「antique」から派生した言葉で、古い時代のもの、特に芸術や工芸品、家具などを指します。アンティークは、通常、100年以上前に製造されたものを指すことがあります。ただし、これは厳密な定義ではなく、地域や文脈によって異なることがあります。

アンティークのアイテムは、歴史的な背景や製造時期、デザイン、材料などに基づいて価値が評価されます。これらのアイテムは、その時代の製造技術や様式を反映しており、しばしば芸術的な価値やコレクターズアイテムとしての価値が高いです。

アンティークの市場では、古美術品や古道具、古時計、絵画、家具などが取引され、アンティークショップやオークションハウスで入手することができます。アンティークの魅力は、その歴史的な価値や独特のデザイン、手工芸の高い品質に由来しています。

アンティーク家具の定義

実は「アンティーク」は「骨董」という意味のあいまいな定義の言葉。そのため「アンティーク家具」はショップによって異なる意味合いで使われていたりします。

通説としては、アメリカが1934年に定めた関税法をもとに「100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」とされており、「100年」というのがひとつの目安のように言われることが多いです。
しかし、実際には、お店によって「100年以上前に作られた家具」「100年は経過していないけれど古い家具」「古い風合いを持つように加工されている新品の家具」の3種類が入り混じっている状況です。

現在では、だいたい数十年以上前に作られたであろう家具、現在でも使える(あるいは使えるように修理される)家具、デザイン性の良さや珍しさなどで、価値があると判断されるものに対して、「アンティーク家具」という名称を用いることが多くなっています。

また、会社やサイトによっては、
1.昔の技術や素材で作られており、現在では復興が難しいもの
2.大量生産で作られたものではないもの
3.現代の技術で作られたものだけれど、古く見えるように加工したもの
を「アンティーク家具」とすることもあります。
ただし、3については「時間経過を経たアンティーク家具」と区別するために、「アンティーク風家具」「アンティークリプロダクション(デザインの版権が切れた後に、それを真似して作った家具)」と呼び分けるやり方をとるのが一般的です。

アンティーク家具とヴィンテージ家具の違い

アンティーク家具とヴィンテージ家具は、どちらも古い時代の家具を指しますが、いくつかの違いがあります。アンティークはより古く、歴史的な価値が強調され、ヴィンテージは広範な時代にわたり、デザインや手工芸の質が重要視されることが一般的です。

アンティーク家具

アンティーク家具

一般的には、アンティークは100年以上前に製造されたものを指します。これは歴史的な価値があるとされ、アンティーク市場では特に高い評価を受けることがあります。特定の時代や様式に特有のものであり、歴史的な背景があります。例えば、18世紀のジョージアン様式や19世紀のビクトリアン様式などがあります。その年代や歴史的背景に基づいて評価され、コレクターやアンティーク愛好者にとって特に価値があります。

ヴィンテージ家具

ヴィンテージ家具

ヴィンテージは通常、20~100年前に製造されたものを指します。つまり、アンティークよりも比較的新しい時代のものが含まれます。アンティークよりも広範囲で、20世紀初頭から1980年代までのさまざまな時代や様式に関連するものが含まれます。アンティークほどの歴史的な価値はないが、デザインや手工芸の質によって評価され、リメイクされ再評価されることがあります。

アンティーク家具の種類

最もイメージしやすいのがこの方法だと思われます。たとえば、「イス」「テーブル」「ベッド」などで分ける方法です。ちなみに、照明器具や鏡なども、アンティーク家具に分類されることがあります。
自分が必要とする家具のタイプで検索ができるため、アンティーク家具にあまり慣れていない人でも選びやすく、比較検討がしやすいのが特徴です。

年代で分ける

アンティーク家具は、年代によってそのデザインや素材が大きく異なります。
たとえば、同じ「フランス」の文化を例にとってみると分かりやすいでしょう。1700年初頭からはやり始めたものとしてロココ様式の家具があります。ルイ15世が愛した調度品を代表とするもので、アシメントリー(左右非対称)のデザインが特徴です。また、これは当時の上流階級で人気でした。
対して、1920年ごろから始まるアールデコ様式の家具は、非常にシンプルで、直線的なデザインで作り上げられました。富を持つ人々に愛された様式であり、素材は高級でしたが、ロココ様式とはまったく異なる特徴を有します。

このように、同じ国で生まれたものであっても、年代によってそのデザインには大きな違いがみられます。

生まれ故郷で分ける

年代別に分ける方法もありますが、「その家具の生まれ故郷で分ける方法」もあります。
たとえば、上で挙げたロココ様式の家具がフランスを席巻していたころ、イギリスでは機能美に優れた合理的な家具が好まれていました(ただし、このような家具を作り出したイギリスの名家具職人であったチッペンデールは、ロココ様式を基本としているとされています)。
また、アメリカのアンティーク家具(ヴィンテージ家具)はそれだけで1カテゴリーとなるほど人気の高いものです。

このように、同じ年代であっても「生まれ故郷」によって家具のデザインは大きく異なります。年代や風土は建物にも影響を与えますが、中に置かれる家具にも大きな影響を与えているのです。

アンティーク家具のメリット

こちらの項目ではアンティーク家具のメリットについて説明していきます。

多くのアンティーク家具が一品物

アンティーク家具は、その多くが一品物です。そのため、量産品の家具とは異なる圧倒的な個性と存在感を示します。「ほかの人の持っている家具と被ること」がまずなく、「自分のためだけにある家具」として長く使っていけます。

素材にこだわって作られている

現在残っているアンティーク家具は、非常に品質の良い素材を使って作られています。非常に贅沢な作りになっているものが多く、貴重な木材と職人の一流の技術が惜しげもなく使われているのです。

 

長い時間をかけて大切に使っていける

現在残っているアンティーク家具は、長い時間を旅してきたものです。良い材質を、当時の最高の技術で加工したものも多く、非常に長持ちします。頑丈でしっかりした造りのものが多いため、これからも1020年・・・と使い続けていくことができます。
先人から引き継がれたアンティーク家具を、今度はお客様が使い、そしてさらにお客様がだれかに受け継がせることができます。アンティーク家具は、それ自体がひとつの歴史の生き証人ともいえるのです。

アンティーク家具のデメリット

こちらの項目ではアンティーク家具のデメリットを説明していきます。

傷がある

アンティーク家具は、だれかから引き継いだものです。
そのため、どうしても細かな傷があります。弊社ではできるかぎり修理をしてお出ししていますが、それでも新品そのものの外見にすることはできません。
ただ、アンティーク家具は傷もまた味となるものではあります。

置く場所を選ぶ

一品物であるアンティーク家具は、「家のスペースに合わせて選び分けること」はなかなか困難です。サイズ調整ができるものではありませんし、重さがあるものも多いため置く場所は選びます。

アンティーク家具のメンテナンス・お手入れ方法

アンティーク家具の多くは無垢の天然木製です。窓際や空調近くでのご利用は避け、湿度や温度変化が大きいところでの使用した方がいいでしょう。
また、3か月~12カ月に1度程度、天然の蜜蝋(みつろう)でのケアをお勧めしております。これを使って磨き上げることで、つややかな面がよみがえります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アンティーク家具は知れば知るほど奥深く魅力的な物です。アンティーク家具と向き合い、あなた好みの一品に出会うために、ぜひアンティーク家具のことを知っていただければと思います。

当社ではアンティーク家具のデザインを忠実に再現したリプロダクト家具の製作を得意としております。

アジアンクラシック家具

オーダー家具 ロココ調