メールフォームからのお問い合わせ 24時間受付中
原則として、翌営業日までに返信いたします。お急ぎの場合は、お電話にてお問い合わせください。
  • 電話

東京ショールーム新店舗の情報を公開しました

快適に過ごせるソファとテーブルの高さの差は?目的ごとの目安をご紹介

2023.07.09 (更新 : 2023.08.11)

ソファに合わせてテーブルを選ぶ時に、デザインや大きさについて考える事はもちろん、「どの位の高さのテーブルを選べばいいのかな?」悩まれたご経験はないでしょうか?この記事では、ソファとテーブルの目的に合ったサイズや高さのバランスについてご紹介します。

使いやすいソファとテーブルの高さの選び方

使いやすいソファ テーブル

ソファの高さは座面の高さが一般的に38〜48cmです。これにより、座ったときに足が床にしっかりつくことができます。

テーブルの高さは一般的には、ソファの座面高さと同じか、それよりも少し低い位置に置かれることが多いです。これにより、テーブルの上に手を置くときに腕が自然な角度で伸びることができます。一般的なローテーブルの高さは3545cmです。

ただし、ソファに座っているときにテーブルの上で作業をしたり、お茶を飲んだり、食事をする場合は座面より少し高く設定したテーブルを使った方が快適に使用できます。しかし、個人の身長や好みによって微調整が必要な場合もありますので、自分自身が快適に感じる高さを試してみることをおすすめします。

ソファとテーブルはどちらを先に選ぶ?

ソファ サイズ

それではソファとテーブルはどちらを先に選ぶか考えていきましょう。まず、レイアウトとスペースを考えます。家具の配置や空間のレイアウトも考慮します。どちらが部屋の中でより重要な位置を占めるかを判断し、それに基づいて選択することができます。たとえば、ソファが中心的な役割を果たすリビングルームでは、ソファを先に選ぶことが一般的です。

予算の制約も考慮に入れましょう。ソファとテーブルのどちらが予算内に収まりやすいかを判断し、必要な家具を優先的に選ぶことができます。

最終的には、皆様のライフスタイルや好みに合った家具を選ぶことが重要です。どちらを先に選ぶかは、ご自身の要望と予算に合わせて判断してください。また、ソファとテーブルは合わせてお使いいただく事が一般的ですので、将来的には両方を揃えることが理想的です。

ソファとテーブルの高さの距離「差尺」とは?

「差尺」とは、一般的にはソファとテーブルの高さの間に生じる距離のことを指します。これは、ソファの座面の高さからテーブルの天板の高さを引いた値です。

ソファとテーブルの高さの差尺は、快適な姿勢や使用の便利さを考慮して設定されます。適切な差尺を確保することで、ソファに座った状態でテーブルの上で活動する際に、手や腕が自然な角度で伸びることができます。

一般的には、ソファの座面の高さからテーブルの天板の高さが同じ程度がおすすめです。これにより、テーブルの上で飲み物を置いたり、作業を行ったりする際に快適さを感じることができます。

ただし、人々の身長や好みによって適切な差尺は異なる場合がありますので、個人の体格や快適さに合わせて微調整することが重要です。自分自身が座った際に快適な高さの差尺を試してみて、最適なサイズ感のある品物を見つけることが大切です。

ソファとテーブルの高さが合っていないと?

ソファとテーブルの高さが合っていない場合、姿勢や使用感、デザイン的なバランスなど様々な問題が生じると思います。以下のようにまとめてみましたのでご紹介します。

不快な姿勢

ソファとテーブルの高さが合っていないと、座っているときに腕や肩が無理な角度になるため、不快な姿勢を強いられる可能性があります。これは長時間座って使用する場合は疲労を感じる事になります。

使用する際の不便さ

ソファとテーブルの高さが合っていないと、テーブルの上で何か作業際に手や腕が伸ばしづらくなるため、物を取ったり置いたりするのが難しくなるかもしれません。飲み物や食事をする場合、勉強やPC作業などをする場合に感じる事になると思います。

視覚的(インテリア)にアンバランスさをもたらす

ソファとテーブルの高さが合っていないと、インテリア的にもバランスや美しさが崩れるます。お部屋全体のインテリアや家具の配置を考えたる必要があります。

このような問題を引き起こさないよう、ソファとテーブルの高さを調整するか、それに合う組み合わせを考える事が重要ですね。身長や体格、個人の快適さに合わせて適切な高さを選ぶことが重要です。最適な高さの組み合わせを見つけるためには、実際に座ってみたり、テーブルの上で活動してみたりすることが重要です。当社ではお客様一人一人の体格、使用用途に合わせソファやテーブルを製作することができます。自分自身が快適に過ごせるソファとテーブルの高さを見つけるためにぜひ一度ご相談下さい。

オーダーメイドで目的や用途、慎重に合わせてお客様にぴったりのサイズの家具を製作します!

オーダー家具 ロココ調

【目的別】ソファとテーブルの高さのバランス

それでは目的に合わせたソファとテーブルの高さのバランスを考えていきましょう。ソファとテーブルの高さのバランスを取ることは、快適な使用や視覚的な調和を実現するために重要です。以下に、バランスを考慮するためのポイントを挙げます。

くつろぐ場合

くつろぐ場合には、快適さとリラックス感が重要です。くつろぐためのソファとテーブルの高さのバランスを考慮するポイントはこちらです。

ソファの座面の高さ

快適なくつろぎの空間を実現するためには、ソファの座面の高さが重要です。一般的には、座面の高さが4050cmが快適とされています。座面が低すぎると起き上がりにくくなり、高すぎると足が浮いてしまう可能性がありますので、自分の身長や体格に合わせて適切な高さを選びましょう。

テーブルの高さ

ソファでくつろいでいるときに利用するテーブルの高さも重要です。くつろぎの時間には、テーブルの上で飲み物や読書などのアクティビティを楽しむこともあります。このような簡単な用途の時はソファの座面と同じ高さ、もしくは5cm位低めのテーブルを目安に選ぶことをお勧めします。飲み物や本などを置きたい場合、大きなローテーブルをレイアウトするのではなく、ソファの横に小さいサイズのサイドテーブルをレイアウトすると便利です。

リラックスできる配置

ソファとテーブルの配置もくつろぎの重要な要素です。ソファとテーブルの間に適度なスペースを確保し、動きやすさやアクセスのしやすさを考慮します。また、ソファとテーブルの高さが調和し、部屋全体のバランスに合うように配置することも重要です。ソファとテーブルの高さのバランスや快適でリラックスできるように組み合わせながら調整しましょう。ご自身がくつろいで過ごす姿勢や動作が自然で快適なものであることも大切です。

事例① リラックスできそうなソファとローテーブル事例

静岡県I様邸にて撮影

ロココ調 ソファ

お客様が腰をかけた時に沈み込みすぎない座高で設計したL字型のロココスタイルソファです。クッションを敷き詰めてクラシックデザインのソファでもリラックスしてお使いいただく事ができます!

事例②ソファとサイドテーブルを組み合わせて

東京都M様邸にて撮影

猫脚 ロココ調 チェア

横になる事を主目的に使われる事が多いカウチソファ。そんなリラックスできるソファの横に小ぶりなサイドテーブルを設置していただき本や飲み物などを置いていただく事ができます。

食事をする場合

 

食事をする場合のソファとテーブルの高さのバランスについて考えましょう。

食事をする場合には、快適で適切な姿勢を保つことが重要です。以下に、食事をする際のソファとテーブルの高さのバランスに関するポイントこちらです。

テーブルの高さ

食事をする際に利用するテーブルの高さは、座っている状態で食事がしやすい高さに設定する必要があります。自分の身長や快適な姿勢に合わせて調整することが重要ですが、一般的に手や腕が自然な角度で食事をすることができるテーブルの高さが理想です。

今まで私たちはソファで食事をする事を想定したテーブルを製作したお客様がたくさんいらっしゃいましたが、ソファの座高からテーブルの高さまでの間の差を、27~30cmくらいで使用していただく事をおすすめしてきました。

[例]
ソファの座面高:38cm

テーブルの高さ:65~68cm

ソファの高さ

食事をする際には、ソファの座面の高さも考慮する必要があります。座面の高さが食事をする際に適切であることが重要です。座面の高さは一般的に38〜48cm程度が快適とされますが、自分の身長やテーブルの高さに合わせて適切な高さを選びましょう。

ベンチソファの利用

。ダイニングテーブルセットとソファセットを一つにすることで、空間を広く使えます。

食事をする場合には、ソファとテーブルの高さを適切に調整して、食事を快適に楽しむことが重要です。自分自身の身長や姿勢、食事のスタイルに合わせて適切な高さを選びましょう。また、ソファとテーブルの配置や部屋のレイアウトも、快適な食事環境を実現するのに重要なポイントです。

事例①ベンチソファとダイニングテーブルを組み合わせたダイニング

東京都I様邸にて撮影

ベンチソファ 食卓

座面の高さをダイニングチェアと合わせて48センチに設定する事で快適に食事ができるおしゃれなクラシックインテリアになります。

事例②快適に使えるソファとセンターテーブルの高さ調整をしたカフェ

名古屋市 サロン・ド・モンシェール 名古屋ミッドランドスクエア店様にて撮影

サロン・ド・モンシュール

ソファと合わせても快適にお茶とお食事が出来るようにセンターテーブル の高さ調整がされています。

勉強をする場合

勉強をする場合のソファとテーブル(デスク)の高さのバランスについて考えましょう。

勉強をする場合、快適で効果的な学習環境を整えることが重要です。テーブルの高さについては肘が90度に曲がるような高さが適していてテーブルの高さから座高をマイナスした時に27センチから30センチの差がある事が理想とされています。一般的なセンターテーブルの高さと同じくらい(座面と同じくらい)だと前屈みになり不快な体勢になります。場合によっては快適なチェアを合わせて使用する事を推奨します。

事例①デスクとチェアを合わせた組み合わせ

名古屋市K様邸にて撮影

ロココ調 デスク チェア

勉強する場合はデスクとチェアで合わせる事も最も快適です

事例②デスクと肘付きチェアを合わせた組み合わせ

東京都T様邸にて撮影

デスクチェア ロココ調

肘付きチェアで合わせると快適に使う事ができます!

PC作業をする場合

PC作業をする場合、正しい姿勢を保ちつつ快適に作業を行うことが重要です。ソファとテーブルの高さのバランスについて考えましょう。

在宅勤務が普及し、自宅で仕事をされる方も増えている昨今です。書斎がなくてソファに座って仕事をする方も多いと思います。自宅の仕事環境が会社ほど整っていないため、肩こりや腰痛なに悩まされていませんか?

 

しかし、体格によって理想の高さの目安は変わってきますが、一般的にPC作業をする場合の高さのバランスの目安は、ソファの座高とテーブルの高さの差が27~30cmと言われています。

PC作業をする場合には、ソファの代わりに快適なデスクチェアやオフィスチェアを使用することもおすすめです。調整可能な座面の高さ、背もたれの角度、肘掛けの高さなどがあるチェアを選ぶことで、正しい姿勢を保ちながら快適な作業を行うことができます。

事例 快適な椅子を利用したデスク

静岡県 株式会社モエリー 様のオフィスにて撮影

オフィスデスク ロココ調

座面の高さ調整可能なオフィスチェアと天板の大きなデスクを使用すれば快適なPC環境が得られます。

まとめ

ソファは座り心地を重要視されがちですが、テーブルとのバランスをとって適切な高さの差を設定することで、手や腕の自然な角度で作業や食事を行うことができ、快適な時間を過ごすことができます。また、テーブルの高さとソファの高さのバランス個人の身長や好み、使用目的によって異なる場合があるので自分自身の体格や快適なバランスをみながら家具選びをしてみてはいかがでしょうか。当社では快適な生活環境作りのためにお客様お一人お一人に最適なサイズのオーダーメイド家具を製作します。ぜひ一度お問合わせ下さい。

オーダー家具 ロココ調